事業内容

事業内容
株式会社トライアンフコーポレーション
トライアンフコーポレーション
 当社グループは、純粋持株会社である当社を中心に偉業を志す企業連合(United Enterprises of Triumph)を編成し、経営管理の効率化による内部成長の促進と、M&Aによる外部成長の加速によって企業価値を高めることを経営戦略としています。



インフォメーションサービスフォース株式会社 (持株比率100.0%)
http://www.isforce.jp
インフォメーションサービスフォース
 インフォメーションサービスフォース株式会社は、東京及び大阪に営業拠点を持ち、自社製品の開発・販売を行うシステム・プロダクト・ビジネス(SPB)と、コンピュータ・システムの開発・運用を行うシステム・サービス・ビジネス(SSB)を事業としています。

(1) システム・プロダクト・ビジネス(SPB)
 SPBは、自社ソフトウェア製品の開発、販売及び保守を行う事業です。
 主力製品である「みまさか」シリーズは、中小・中堅企業向けの基幹業務アプリケーションであり、発売以来約25年で累計約1,500社に対する販売実績があります。現在、「みまさか」シリーズは、みまさか会計(簿記会計)、みまさか販売(販売管理)、みまさかメディア管理(在庫管理)、みまさか病院会計(病院会計)の4つの製品構成となっています。これらは全て独自のソフトウェア開発環境「美作ツール」 によって開発されており、「美作ツール」は日本語でプログラミングが可能な4GL(第四世代言語)であることが特徴です。これら製品のユーザーに対し、保守契約を締結することで、ヘルプデスクによるシステムの操作指導、遠隔操作、不具合の原因解明等の保守サービスを提供しております。
 「みまさか」シリーズの主力製品は、みまさか販売です。企業の販売管理の仕組みは、業種、業態、規模等によって大きく異なります。このため、機能に制約があるパッケージ・ソフトウェアでは製品ユ ーザーのニーズを満たすことができず、フルスクラッチによる開発では高コストで開発に時間がかかるなどの問題があります。みまさか販売は、業種別テンプレートをカスタマイズする方式を採用している ためフルスクラッチの場合よりも開発コストが低く、パッケージ・ソフトウェアでは対応できないようなユーザーの要求にフレキシブルに対応することができることが製品の優位性となっています。
 「みまさか」シリーズは、自社のマーケティング・グループにおいて直販しているほか、販売代理店を通じて販売しています。また、「みまさか」シリーズと他社製品との組合せによるソリューションを提供することもあり、他社製品であるハードウェア(パソコン、サーバー、周辺機器等)については、メーカーを仕入先とした販売代理業務を行っています。

【自社製品一覧】
・みまさか会計(会計管理システム)
・みまさか販売(販売管理システム)
・みまさかメディア管理(磁気メディア管理システム)
・みまさか病院会計(病院会計システム)
・美作ツール(第四世代ソフトウェア開発言語)

【主要取扱他社製品】
・ヒューレット・パッカード社製ハードウェア製品
・ウェルキャット社製ハンディターミナル製品
・エプソン社製POSレジスター製品
・日本オラクル社データベース製品


(2) システム・サービス・ビジネス(SSB)
 SSBは、コンピュータ・システムの開発業務及び保守業務のアウトソーシングについて、業務の形態に応じて、請負契約、準委任契約又は派遣契約によって行う事業です。
 SSBの主要なクライアントは、自社製品のユーザー及び大手システム・インテグレーターです。クライアントの業種は、金融、証券、流通、通信の割合が多いものの、特定の業種に偏った受注活動 は行っておりません。
 SSBに関係する事業部門のIT技術者の多くはLinux及びMicrosoft Windowsをプラットフォームとした基幹業務ソフトウェア開発を得意としています。
 インフォメーションサービスフォース株式会社では、IT技術者の採用を常用雇用に限定したうえで中長期的な視点で人材育成に取り組んでいます。その成果として、情報技術者試験の合格者数の割合が年々増加しており、技術力の高いIT技術者によるサービスを提供できる体制が確立しています。
 SSBは、契約形態によって、次の3つに区分してプロジェクトを管理しています。
 
① システム・インテグレーション・サービス(SIS)
SISは、請負契約により、要求仕様に基づいてコンピュータ・システムの構築、ソフトウェアの開発を行うサービスです。

② システム・エンジニアリング・サービス(SES)
SESは、準委任契約により、情報技術に関するコンサルティング業務、事前に仕様を定めることができない流動的なソフトウェアの開発業務、コンピュータ・システムの運用業務などを行うサ ービスです。

③ エンジニア・スタッフィング・サービス(ESS)
ESSは、派遣契約により、システム・エンジニア、プログラマー、OA機器オペレーターなどのIT技術者をクライアントへ派遣するサービスです。



エコン株式会社 (持株比率100.0%)
http://www.econ-pt.co.jp
エコン株式会社
 エコン株式会社は、静岡県静岡市において、電気機械器具の開発、製造及び販売を行っています。
 主力製品である「パワートロン」は、スイッチ素子にサイリスタを使用した位相制御型ソフト始動器です。パワートロンには、三相交流誘導電動機をサイリスタ方式によってソフト・スタート及びソフト・ストップする機能があり、電圧降下制御の設定自由度が高く、無接点スイッチであるため他の始動方式と比較してメンテナンス性に優れ、小型・軽量、低ノイズ、高エネルギー効率といった特徴があります。パワートロンの制御装置の回路は当社が独自に設計開発しており、定格電流は10Aから2,000Aまで、使用電圧は200Vから6,600Vまで幅広い電動機に対応した製品ラインナップを揃えています。2015年5月、RS485通信ポートを備えて、専用ソフトウェア「Pmanage」を利用することで始動制御のデジタル設定が可能な「デジタル・パワートロン」を新発売しました。
 パワートロンは、発電機容量低減の目的で船舶のスラスター、シールドマシーン、スプリンクラーおよび泡消化ポンプなどに採用されているほか、揚排水ポンプのウォータハンマーの防止、冷凍機および空調機の電圧降下防止、ターボコンプレッサーのアイドリング停止時の省エネ、ベルトコンベアーのショック防止などに利用されています。


株式会社トライアンフアセットマネージメント
株式会社トライアンフアセットマネージメント
 株式会社トライアンフアセットマネージメントは、東京23区において、プレミアム・レジデンスの賃貸事業を行っています。




グループ相関図

2017年1月31日現在