IR情報

ディスクロージャーポリシー
  1. 基本方針
  2.  当社は、株主を含むあらゆるステークホルダーの当社に対する適正な評価を促進するために、当社に関する重要情報の適時かつ適切な開示を行います。
  3. 情報開示の基準
  4.  当社は、即時性、明瞭性、正確性、公正性を基本とした情報開示を行います。
  5. 情報開示の方法
  6. 重要情報の開示は、当社ホームページにて行います。投資判断に影響を及ぼすと思われる情報は、その重要度および緊急性に応じて、適時、適切な方法で速やかに開示致します。
  7. 沈黙期間
  8.  当社は、決算情報開示の公平性を確保するため、決算発表までの数週間を沈黙期間と定めます。この期間内は、決算に関連するご質問への回答は差し控えさせていただきます。ただし、沈黙期間中に業績予想と実績との差異が適時開示規則等に該当する変動幅となることが明らかになった場合は、これを公平に開示します。
  9. 将来予測
  10.  開示情報のうち、過去の事実以外のものは、現在入手可能な情報に基づく当社の判断による将来の見通しであり、経済情勢、市場動向、税制や諸制度の変更等に係るリスクや不確実な要素を含んでいます。従いまして、将来、実際に公表される業績等はこれら種々の要因によって変動する可能性があります。
2015年9月18日
株式会社トライアンフコーポレーション

page top